試験データ

けっぺきさん経時変化

概要:静電場ろ過法によるけっぺきさん『弱酸性次亜塩素酸水』の経時変化
有効塩素濃度:50ppm
容器:通用バックインボックス(密閉PE容器+段ボール箱)
保存方法:常温(室内)冷暗所保存
測定方法:DPD試薬による比色テスト(笠原理化工業CL2-1Z-H)、DPD試薬:HOCI-K-1
測定レンジ:10~300ppm
定期採水:毎月初稼働日
測定期間:2013年9月~2015年9月
測定機関:自社測定による

けっぺきさん濃度 50ppm
2013年9月 50ppm
2013年12月 50ppm
2014年3月 50ppm
2014年6月 50ppm
2014年9月 50ppm
2014年12月 50ppm
2015年3月 50ppm
2015年6月 50ppm
2015年9月 50ppm

最終測定:2015年9月1日


熱安定性試験

次亜塩素酸水は熱に弱く、他のものと混合することができません。※分解して能力定価のため。
そこで、静電場ろ過法による『弱酸性次亜塩素酸水』けっぺきさんの熱安定性テストを行ないました。

試料名

温度(℃)

有効塩素濃度(mg/L)
0週目 1週目 2週目 3週目 4週目
けっぺきさん 40 200 200 200 200 200
60 200 200 180 140 80
次亜塩素酸ナトリウム 40 200 N.D
60 200 N.D
中和次亜塩素酸ナトリウム 40 200 200 200 160 160
60 200 200 120 90 80

次亜塩素酸粉末『けっぺきさん』お粥凝固テスト

水1リットルに対しての『けっぺきさん粉末』凝固経時テスト

ページ上部へ戻る