Blog

  1. ②エビ養殖【電力申請】

    循環ポンプと照明で電気が必要です。そこで、新たにタイ電力省へ電気引込み申請を行いました。

  2. 隣の養殖エビ【出荷】

    隣の養殖池は、稚エビ投入から49日目です。※通常は60~70日が出荷目安です。生産者のノックさん(女性)が私に養殖池の水質状態が悪いので検査して欲しいと頼まれました。直ぐに水質検査してみると、Do値(溶存酸素量)、アンモニア値、pH値も悪い状態でした。

  3. ①エビ養殖池【表層掘削】

    既存のエビ養殖池は、土の状態が悪く、急遽表層を掘削することにしました。既存養殖池風景ブルとユンボによる掘削作業バンコク市内に戻る道はいつも渋滞です。。。

  4. エビ養殖改善事業プロジェクト 【タイランド】

    エビ養殖改善事業の目的近年、東南アジアのエビ養殖業は、EMS(腸炎ビブリオ菌)による、エビの早期死亡で危機的な状況に直面しています。EMSは、稚エビに発生し死亡率がほぼ100%で、主に海水中に生息する細菌であり、本菌に汚染された魚介類を食べることで、人間も腸炎ビブリオ食中毒を発症します。

  5. タイ国で実施決定!

    エビ・有機養殖システム(ファインバブル循環ろ過水流式)をタイ国で実施することが決定しました。

ページ上部へ戻る